日本労務千歳事務所

新着情報

新着情報

年金記録管理一元化に向け新システム導入へ (2019年2月4日)

厚生労働省は、国民年金や厚生年金などの種類ごとに別になっている公的年金の記録管理システムを一元化し、新しいシステムをつくる方針を明らかにした。遅くとも2026年1月までには、一括管理できる体制を目指すとしている。


企業主導型保育所の利用率約6割 (2019年1月28日)

内閣府の調査で、企業が設置する企業主導型保育所の利用率が約61%であることがわかった。2018年3月末時点での施設数は1,420で、定員は29,461人。年齢別の利用率は、0〜2歳児が約72%に対し、3歳児以上は約22%と低い結果となった。


個人データ移転規制 日本が例外に (2019年1月28日)

政府の個人情報保護委員会は、欧州連合(EU)との間で国境をまたぐ個人データの流通を例外的に認める枠組みを23日に発効すると発表した。2018年5月にEUで施行された一般データ保護規則(GDPR)の中で、データの保護水準がEUと同等と認定した国にはデータの持ち出しが例外的に認められており、日欧両政府は、互いを「保護水準が十分」と認定した。個人データが自由に行き来できることで、企業活動の円滑化につながる。


統計不正問題 雇用保険3月から修正額 (2019年1月28日)

「毎月勤労統計」の不正調査問題について、厚労省は、過少給付となっている雇用保険や労災保険について、3月から6月にかけて正しい金額の給付を始めることを表明した。失業給付など雇用保険の受給者約80万人には3月以降、労災保険や船員保険では4月以降の給付から順次額が補正される。なお、過去の不足分については支給時期の見通しが立っていないとした。


就業者2040年に2割減 厚労省推計 (2019年1月21日)

厚生労働省が初めて2040年の労働力人口の推計を公表し、経済が成長せず働く高齢者や女性が増えない場合、2040年の労働力人口は2017年実績から1,300人近く減って2割減になるとした。また、2040年は高齢者人口がピークを迎える時期にあたり、就業者に占める65歳以上の割合が2割近くになるとした。


03-5819-4981
  • 事務所案内/プロフィール
  • サービス/相談内容
  • 新着情報
  • 書式ダウンロード
  • アクセス

労働紛争の予防はとても大切です。人事労務管理は日本労務千歳事務所にお気軽にご相談ください。

日本労務千歳事務所
東京労働事務管理協議会

〒131-0033
東京都墨田区向島3-7-8 TERAビル1階

電話
:03-5819-4981
FAX
:03-5819-4982
ページのトップへ